SSブログ

ユーリ!!! on ICE 第3滑走「僕がエロスでエロスが僕で!?対決!温泉 on ICE」 [アニメ]





アガペーもエロスも良いものだ・・・。


というわけで、「魔界への誘い!」から感想です。ネタばれしてますよ。

はあ・・・OPに毎回うっとり・・・。
今回は背景の色が変わりましたね~。
あとヴィクトルの手からなにも放たれなくなった、かな。
あ、EDも明るくて好きですよ。
氷を降りた彼らの普段が見れて。
勇利、ヴィクトル、ユーリはじゃれてる感じで可愛いです。

ヴィクトルのスケートシーンは綺麗だなぁ。
なんか見ていて「ありがとうございますっ!」って言いたくなる。
何気にユーリが優子ちゃんを意識している気が・・・。
名前だけじゃなく、勇利とユーリは好みのタイプも同じなのかな?
しっかし、「男の僕でも妊娠」、って!なんつー表現すんの勇利くん・・・!
その後のヴィクトルも近い近いっ(笑)!グイグイいきすぎ!

アガペーとは、エロスとは、なんぞや?
ヴィクトルから出された問題に向き合う二人。
勇利は夕食時に「かつ丼」、ユーリは滝行時に「じいちゃん」、それぞれ頭にイメージが浮かんできました。
「卵を絡めるように!」という助言は滅茶苦茶斬新だな(笑)。
ユーリはおじいちゃんっ子だったみたいですね。
優子ちゃんが気になっているということは、おじいちゃんっ子ってだけでなくファミコン(ファミリーコンプレックス)なのかもしれない。
案外苦労人なのかな・・・。

2週に分けるかと思いきや、後半にアガペー・エロス対決!
まずはアガペー・ユーリ。
衣装を着て演技をすると、ユーリの体つきは厚みがなくて、まだ子供なんだなと思いました。
白のふわふわがついている衣装は白鳥みたいです。
ちなみに、わたしアガペーとエロスって聞いて頭に浮かんだのは、オデット姫とオディールでした。
まだまだこんなもんじゃないと悔しさを滲ませるユーリ。
自分の成長を信じて疑わない子は強い!
そしてエロス・勇利。
氷の上にたったら表情がガラッと変わった!
男性的なエロスじゃなく女性的なエロスを追究した勇利。
ミナコ先生との特訓の成果がでてますね。
勇利を見つめるヴィクトルの眼差しを見て、ユーリは会場を去ります。
潔く負けを認め、再戦を望むユーリ。
この子、もっともっと強くなるぞ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。